綿 引 明 浩

大学院在学中に西武美術館版画大賞展優秀賞受賞、銅版画を中心に作家活動を開始。1999年から透明アクリル板の裏面から描くオリジナル絵画技法「クリアグラフ」による作品を発表。これまで国内外のギャラリーで個展やグループ展、ワークショップを開催。2013年に新島国際ガラスアートフェスティバルへの招待を受け、初のガラス作品を制作。昨年からショートアニメーションに挑戦するなど、ジャンルを越えて様々なメディアによる表現を展開する。

Akihiro Watabiki received special prize in SEIBU Triennale Print Competition in his university and started action as an artist. In 1999 he showed his new original technique work "Cleargraph" painted on the back of transparent acrylic sheets by acrylic colors. He has had many solo or group shows and workships in Japan and overseas until now. In 2013 he was invited to Niijima International Glass Art Festival and tried his first glass work. He has started to make animation since last year. He always jumps over genres and shows us various arts.

1984  東京藝術大学美術学部首席卒業 買上賞
1984  第2回西武美術館版画大賞展 優秀賞
1986  東京藝術大学大学院修了
1987  現代の版画 松涛美術館
1990  アートは楽しい ハラミュージアムアーク
1993  今日の水戸の美術 茨城県立美術館
1999  リュブリアナ版画ビエンナーレ
2002-3 文化庁芸術家海外派遣 スペイン
2004  西方見聞録 渋谷東急文化村ギャラリー
2005  DOMANI 損保ジャパン美術館
2006  空想図鑑 船橋アンデルセン公園美術館
2008  台北アートフェア
2011  KIAF 韓国国際アートフェア
2013  新島国際ガラスアートフェアー
2014  釜山アートショウ
2015  さかさまの絵画 常陽資料館

<作品所蔵>
東京藝術大学資料館
原美術館
東京国立近代美術館
茨城近代美術館
水戸博物館
カナダ アルバータ州立大学
新島ガラスアートミュージアム

1984  B.F.A. in Tokyo National University of Fine Arts, The top student
1984  Special prize in 2th SEIBU Triennale Print Competition
1986  M.F.A. in Tokyo National University of fine Arts
1987  Shibuya Shotou Art Museum
1990  Hara Museum Arc
1993  The Museum of Modern Art Ibaraki
1999  Ljubliana International Print Biennale
2002-3 The Japanese Government Overseas Study Program, Spain
2004  TOKYU BUNKAMURA Gallery
2005  Sompo Japan Museum of Art
2006  Funabashi Children's Art Museum
2008  Art Fair Taipei
2011  Korea International Art Fair
2013  Niijima International Glass Art Festival
2014  Art Show Busan
2015  Johyoh Art Museum

<PUBLIC COLLECTION>
The Museum of Tokyo National University of Fine Arts
Hara Museum of Contemporary Art
The National Museum of Modern Art
The Museum of Modern Art, Ibaraki
Mito City Museum
The Museum of University of Alberta
Niijima Grass Art Museum

EXHIBITION


グループ展「わたしの中の村上春樹 Ⅱ」
"Murakami Haruki in my image"

2017年7月21日(金)〜28日(月)
July 21 - 28, 2017

〈 イベントのご案内 〉
*ギャラリートーク 7/22(土) 17:30〜
「村上春樹と絵画」ゲスト/ナカムラ クニオ氏 (ブックカフェ6次元店主)
*オープニングパーティ 7/22(土) 18:30〜

ギャラリー枝香庵 
Gallery Echo-ann

104-0061 東京都中央区銀座3-3-12
銀座ビルディング8F
Ginza-Bldg.8F 3-3-12 GInza, Chuoh, Tokyo, 104-0061
TEL 03-3567-8110

EXHIBITION

3人展「2.5」

2017年7月22日(土)〜30日(月)
July 22 - 30, 2017


面を立ち起こし立体空間を作る、あるいは平面を彫るなど、平面と立体の狭間「2.5次元」での表現を主体とした作家3名【小林 雅子・檜尾 久瑠美・綿引 明浩】による展覧会です。※案内状より

ギャラリーHANA 下北沢
Gallery HANA SHIMOKITAZAWA

155-0031 東京都世田谷区北沢3-26-2
3-26-2 Kitazawa, Setagaya, Tokyo, 155-0031
TEL 03-6380-5687

EXHIBITION

個展「Doodle」

2017年7月21日(金)〜30日(月)
July 21 - 30, 2017

新作の「Doodle」シリーズなど、クリアグラフを中心に約60点を展示。7/23(日)・24(月)はワークショップを行います。

アートギャラリー・スペース緋色
Art Gallery - Space HIIRO

316-0013 茨城県日立市千石町2-7-6
2-6-6 Sengoku, Hitachi, Ibaraki, 316-0013
TEL 090-6700-6167

EXHIBITION


グループ展
新島ガラスアートフェスティバル「30周年記念展」
Niijima Glass Art Festival "30th Anniversary"

2017年7月26日(水)〜8月5日(土)
July 26 - August 5, 2017

新島国際ガラスアートフェスティバルは今年で30周年。これまでご参加頂きました国内の講師・スタッフ58名による作品展を開催いたします。ガラスの神秘的でユニークな特性や多様で独創的な技法と表現をご覧下さい。ガラス以上にホットでクールな作り手の思いや人柄も感じて頂けましたら幸いです。会場ではフェスティバルや新島の景観の映像が流れ、立体的に楽しみながらご覧頂けます。
野田 収【新島ガラスアートセンター】  

グラスギャラリー カラニス 
GLASS GALLERY KARANIS

107-0062 東京都港区青山5-3-10 FROM-1st 2F
FROM-1st 2F, 5-3-10 Aoyama, Mitato, Tokyo, 107-0062
TEL 03-3406-1440

NOTICE


インスタグラム開始
Just started Instagram!

最新作から旧作まで、これまで制作した作品の数々をセレクトして紹介します。

I show the various works including the latest on Instagram. I hope you will enjoy it.

COMMENTS ON MY ART.

  • これまで「劇場」「理想郷」「ファンタジー」「美術館 」など、様々なテーマで作ってきましたが、いずれも独創性に富み、誰もが一度見たら忘れられない画風を私達に印象づけます。キャストたちが作り上げる世界は、東洋でも西洋でもなく、男でも女でもなく、今でも昔でもない、あらゆる範疇を超えたファンタジックな境地です。

    金澤 毅・原美術館副館長
  • The figures in his works are anthropomorphiyed versions in our everyday and refers to them as his cast, and arranges them in different ways according to his theme. Like actors in theater, talking their turn on the same stage as the scene changes. The world created by the cast is a fantastic place,transcending the boundries of East and West, male and female, and present.

    TAKESHI KANAZAWA ・art critic
  • キャストワークというシステムそのものは秀逸ではあるが、ひとつのアイデアであり発明でしかない。だから多分、他人が模倣することも不可能ではない。しかし、綿引のそれが説得力を持ち可能性を備えているのは、そこに登場するキャストたちが、作者の「イメージの化身たち」としての存在感を強くもっているからであるのだろう。

    寺門 寿明・水戸市立博物館館長
  • The method of his making works, called "Cast Work" is good, but it is just an idea and invention. So it will be possible to imitate by someone. However Watabiki's one has special persuasiveness and potential. Because his original charatcers-casts have the presence strongly as the incarnations of images on his works.

    TOSHIAKI TERAKADO ・art critic